会社概要ABOUT US

ハニードライのご紹介Introduction

ハニードライ・グループは香川県高松市にて、1980年に有限会社ハニードライを創業以来、ホワイト急便ブランドで一般家庭向けのクリーニング・サービスを地域の皆様に提供して参りました。また1990年には広島県福山市にて有限会社ホワイト急便を設立。以来、瀬戸内海を挟んで3工場・84店舗で広範囲の営業活動を行っています。

  • ハニードライ本社/木太工場 (香川県高松市)ハニードライ本社/木太工場 (香川県高松市)
  • 広島県福山/福山第1工場(深津工場)広島県福山/福山第1工場(深津工場)
  • 福山第2工場(沖野上工場)福山第2工場(沖野上工場)

ご挨拶Greeting

弊社ハニードライグループは1980年(昭和55年)創業以来、一般家庭向けのクリーニングを通じ「地域の皆様のお役に立つことは何か?又喜ばれることとは何か?」ということを考え、おかげさまで創業より長きにわたり、商いを営むことができました。
心より厚く御礼申し上げます。

私共はこれからも高度化・多様化するお客様のニーズにお答えできるよう、より良いサービス・より良い品質はもちろんのこと、常にお客様の立場で仕事を見つめ、変革しつづける企業でありたいと考えています。

今後とも皆様方からの一層のご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役 新宮領 達也

経営理念Management philosophy

「お客様との出会いは、お預かり商品との永いお付き合いの始まり」

この言葉こそが、ハニードライグループの考え方の根幹です。
私たちハニードライグループは、クリーニング業を通じて、ただモノやサービスといった表面的なものだけを提供したいのではありません。使い捨て商品が多く流通する中、私たちハニードライグループは、「物を大切にする心」をお客様と共有するとともに、今一度、繊維製品の価値観をお客様とともに見直し、目には見えない「本当の価値」を一緒には育んでいきたいと考えています。
日本人は昔から「もったいない」という言葉に代表されるように、「物を大切にする心」を美徳としてきました。「使い捨て」の文化はなく、物を大切にする教育が行き届いていました。そして大切に扱うものには「魂が宿る」とまで考えていました。
「物を大切にする」ということは、物に執着することではありません。「物を大切にする」と言う事は、物自体への愛情もありまた、それを作った人への感謝・敬意にもつながります。「物を大切にする心」というのは、人としての財産であるとも言えるのです。
そのためには、ハニードライグループで働く従業員の満足を創造できる企業でなければならないと考えています。
「清潔・快適」をテーマとする事業を営むハニードライグループにおいては、従業員一人ひとりが、「物を大切にする心」を育み、美しく心豊かであることの素晴らしさを伝え、それをサポートする存在であり、また実践できる存在でなければなりません。
活き活きと働く従業員こそが、お客様や地域社会の満足を創り出し、また、お客様や地域社会の満足が従業員の満足をさらに創り出すのです。
私たちハニードライグループは、この経営理念を掲げ、お客様やお預かり商品・従業員・地域社会とともに改めて「物を大切にする心」を現代はもとより次世代につなげて行きたいと考えています。このために、(株)ハニードライ創業者 故兼田 一夫氏が策定した「社員行動指針」を改めてハニードライグループの「社員行動指針」としました。

ハニードライグループ「社員行動指針」

人に接する時は、暖かい春の心
仕事をする時は、燃える夏の心
考える時は、澄んだ秋の心
自分に向かう時は、厳しい冬の心

㈱ハニードライ創業者 兼田一夫

会社概要Company information

高松本社

名称 株式会社 ハニードライ
代表者 代表取締役 新宮領 達也(しんぐうりょう たつや) 
所在地 香川県高松市木太町1873-1
生産拠点 (木太工場)香川県高松市木太町1873-1
(ハイクラス工場)香川県高松市川島東町522-2
事業目的 クリーニング業全般
資本金 300万円
創業 1980年1月
営業店舗 直営11店舗 取次25店舗
従業員数 50名(パート含む)
取引先銀行 高松信用金庫  木太支店
百十四銀行   木太支店

広島本社

名称 有限会社 ホワイト急便
代表者 代表取締役 新宮領 達也(しんぐうりょう たつや) 
所在地 広島県福山市東深津町3丁目1-45
生産拠点 福山第1工場(深津工場)広島県福山市東深津町3丁目1-45
福山第2工場(沖野上工場)広島県福山市沖野上町5丁目29-4
(ハイクラス工場)広島県福山市沖野上町5丁目29-4  
事業目的 クリーニング業全般
資本金 500万円
創業 平成2年5月
営業店舗 直営22店舗 取次26店舗
従業員数 95名(パート含む)
取引先銀行 しまなみ信用金庫 蔵王支店
伊予銀行  福山支店
香川銀行  福山支店

会社沿革History

1980年 1月
(昭和55年)
有限会社ハニードライ設立 資本金300万円
日本さわやかグループ加盟
1980年 2月
(昭和55年)
香川県高松市木太町に工場完成 操業開始
1983年 2月
(昭和58年)
香川県高松市香西東町に香西工場完成 操業開始
1986年 9月
(昭和61年)
香川県木田郡牟礼町に牟礼工場完成 操業開始
1987年 8月
(昭和62年)
日本さわやかグループCIを実施ホワイト急便となる
1989年 8月
(平成元年)
有限会社ホワイト急便(牟礼)設立 資本金500万円
有限会社ハニードライより牟礼工場を分社独立する
1990年 5月
(平成2年)
有限会社ホワイト急便(福山)設立 資本金500万円
1990年 6月
(平成2年)
広島県福山市東深津町に深津工場完成 操業開始盟
1991年 3月
(平成3年)
有限会社香西クリーニング設立 資本金500万円
有限会社ハニードライより香西工場を分社独立する
1992年 12月
(平成4年)
広島県福山市沖野上町に沖野上工場完成 操業開始
2002年 4月
(平成14年)
創業者 兼田 一夫死去 代表取締役に兼田 芙沙子就任
2009年 4月
(平成21年)
兼田 芙沙子辞任 代表取締役に新宮領 達也就任
2010年 7月
(平成22年)
有限会社ハニードライから株式会社ハニードライへ商号変更
2010年 10月
(平成22年)
株式会社ハニードライと有限会社ホワイト急便(牟礼)を合併する